ブラジル サントゥアリオ・スル農園 「パッサロ・リブレ」中浅煎り 200g
5d3d4dce8e691922c1ac47c5 5d3d4dce8e691922c1ac47c5

ブラジル サントゥアリオ・スル農園 「パッサロ・リブレ」中浅煎り 200g

¥2,808 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま / 香りのカプセルの為、断然おススメです

  • 細挽き / サイフォン・アイスコーヒー等に

  • 中挽き / ペーパードリップ、コーヒーメーカー等に

  • 粗挽き / フレンチプレス、ネルドリップ等に

[現地買付] 商品名:パッサロ・リブレ 生産国:ブラジル連邦共和国 地 域:ミナスジェライス州カルモ・デ・ミナス 農 園:ファゼンダ サントゥアリオ・スル 生産者:ルイス・パウロ・ヂアス・ペレイラ・フィリオ プロデュース:カミーロ・メリサルデ 標 高:約1,250メートル 品 種:エチオピア・イルガチェフェ野生種 生産処理:ナチュラル アフリカンベッド 農園面積:120ha中コーヒーエリア80ha グレード:トップ・スペシャルティコーヒー 焙煎度 ■■■■□□□□□□ 中浅煎り 10段階中4.5 香り ■■■■□ 4 コク ■■■■■ 5 甘味 ■■■■■ 5 酸味 ■■□□□ 2 苦味 ■□□□□ 1 強さ ■■□□□ 2 2017年9月 現地買付スペシャルロット カルモ・デ・ミナスにある生産者グループ「Carmo Coffees」 彼等はコーヒーの栽培から輸出までを全て一元管理しています。 CarmoCoffeesは50近い生産者を管理していますが半分以上、親族です そんな彼らが2015年よりスタートした、新しいコーヒーの可能性を追求する New Flavors Project。今までに無かった新たなブラジルコーヒーの味を作る。 をテーマに始まったプロジェクトです。 プエンテコーヒーは2015年にイルマスペレイラ農園で作られた第一弾の 収穫ロットである、ドルセ、スイートシャワー、ダブル・パスの3つの異なる プロセスで生産されたコーヒーをそれぞれ買付けました。 それから2年。2017年9月に再び彼等のもとを訪ね、ブラッシュアップされた コーヒー。新たに取り組み始めたコーヒーの確認を行いました。 収穫日違い、発酵・乾燥プロセス違い、農園違い、品種違い、、、、 全部で70サンプル350カップのコーヒーをカッピング(テイスティング)し、 細かな味の差異を確認します。 例えば同じ畑、同じ品種の収穫日が異なるだけのサンプル。 異なる農園での同じ品種、同じ収穫日。様々な検体をチェックします。 その中から、今回買付を行ったのが下記のコーヒーです。 セルトン農園 アマレロ・ブルボン種100% ウォッシュド(水洗処理) 販売中 サントゥアリオ・スル農園スーダンルメ種100% ナチュラル(アフリカンベッド) 完売 サントゥアリオ・スル農園イルガチェフェ ナチュラル(アフリカンベッド) サントゥアリオ・スル農園アマレロ・ブルボン種100% シュベリーニョ イシドロ・ペレイラ農園 アマレロ・ブルボン種100% ナチュラル 販売中 常に改善を続ける彼等は、当店でもお馴染みの生産者。 コロンビア サントゥアリオ農園のカミーロ・メリサルデと協力し、 イルマス・ペレイラ農園の隣へ、新たにサントゥアリオ・スル農園を立ち上げ たのです。(サントゥアリオ・スルは「南のサントゥアリオの意味」) カミーロはこれまで自身のサントゥアリオ農園の他に、2011年に 古い友人とインマクラダ農園を立ち上げ、取り扱いの難しい希少品種の 栽培に管理責任者(プロデューサー)として取り組み始めます。 そしてコスタリカの仲間ともプロジェクトを立ち上げたカミーロは、それまで 蓄積したノウハウをサントゥアリオ・スル農園に還元する事にしました。 そんなサントゥアリオ・スル農園での、更なる高みを目指したコーヒー作りは 栽培する品種も希少種ばかり。 今回販売のパッサロ・リブレ。エチオピア有数の産地イルガチェフェから 入手した複数のエチオピア在来種。 それらのコーヒーに、イルマスペレイラ農園で開発した醗酵・乾燥プロセス を組み合わせ、これまでなかったコーヒーの風味を、現在進行形で開発 しています。 パッサロ・リブレの名前はルイス・パウロからプエンテコーヒー向けに 考えてもらいました。意味は「自由な鳥」。 彼は「新しいコーヒーには、より自由がある事が素晴らしいと思う」と この名前を考えてくれました。 エチオピアからコロンビアへ。そして更に南のブラジルへ。 土壌や栽培環境が変われば、コーヒーの風味も大きくかわる。 そしてエチオピア在来品種をブラジルで育てる事で産まれた エチオピア・モカコーヒーとは全く異なる風味をお楽しみください。